本文へスキップ

開運する神社リサーチ大平崇晴

うぶすなで開運


産まれ故郷の大地に宿る神さま、今お住まいの土地の神さま、自分に最もご縁のある神さまとつながって「うぶすな」という ”開運のツボ” を押さえませんか。

「うぶすな」は、人と人との縁をもって開運する世界ですから、普段から「うぶすな」の存在と仲良くしていることが、良い人と出会うコツにもなります。
このように縁の世界で”上の縁”になってきた時に人生が開運してゆきます。



うぶすなで開運とは

 「うぶすな」の世界を木で例えますと、地上に出ている「幹」が私たち人間で、見えない地中の「根」は先祖になります。そして、根に栄養を与える「土」が産土(うぶすな)になります。大地の「土」はあらゆる命を「産」み、恵みをもたらします。これが産土(うぶすな)の神の働きです。植物は太陽の光で光合成を行います。天と地の恵みを受けてこそ、植物は育ちます。痩せた土地や砂漠では植物はなかなか育ちません。しかし、栄養たっぷりの大地であれば、根はしっかりと張り、幹を通って、枝葉に栄養を行き渡らせます。

 人間でみますと、枝葉や実が、子供であり子孫になります。先祖は「うぶすな」の御力をいただけてこそ、元気になります。根を通して養分が運ばれて植物が生育するように見えない部分によって私たちは生かされているのです。現代社会では、人心の荒廃が進み信じられないような事件が報道されています。これは人間の心が、ちょうど「切り花」のようになっていて、大地から養分を得られずに枯れてきたからです。現代人は古来からのしきたりや信仰を捨てるという形で根っこを自分で切ってしまっておきながら「人生をなんとかしてくれ」「開運させてくれ」と頼んでいるようなものです。根っこがないまま、実(人生の成果、開運)だけを生らせて欲しいと言っても所詮はムリな話です。根がしっかりと大地に張り巡らされた時にこそ、揺るぎない人生になるのですから。大地にしっかりと根を張った生き方、つまり安心した人生の基本は「うぶすな」にあります。

 花が咲き実をつけるためには幹や根がしっかりし、そして根が張るためにはいい土が必要です。いい土ができると自分のルーツ(根)が太く伸びて幹が太くなり枝葉が広がって開運という花が咲きます。
いい土にしていくコツは、目に見えないルーツ(根)の存在である「おかげ様(産土さまや神仏・ご先祖)」に心を向けることであり、有り難く感謝すると、更に肥沃な栄養満点の土になっていくのです。

 大自然に内在し、郷土そのものに充満する神霊を「産土の大神」といいます。現住所は引越しをすると変わりますが、私たちが生まれたところは一生変わりません。従って産土神社は一生変わらないので、一生の守り神になります。「うぶすな」は開運の基礎体力であり、まずここを強化させる必要があります。

”おかげ様” は縁をムスビ(産霊)して開運する

 万物を生産する働きを神道ではムスビ(産霊)といいます。縁結びもムスビです。陰陽調和された時に、ムスビが起きます。ムスビは神道の一番大事な概念であり、すべてを結んでいくのが神道の考え方です。
産土の大神さまは、その土地のムスビの神さまです。結婚や家庭に関しては産土神社に参った方が良いのは、ムスビの働きをする神さまだからです。「うぶすな」は、人と人との縁をもって開運する世界です。

産土神社について

 私たち一人ひとりを最も守護している“ふるさとの神社を ”産土神社” と言います。産土の ”うぶ” とは、産湯や産声の “うぶ” です。そして、産土の大神とは「自分が産まれた郷土そのものに宿り守護する一生の守り神」という意味です。「うぶすな」の世界は自分のルーツ(原点)であり「たましい」のふるさとになります。これが人生にヒーリング(癒し)をもたらします。
 自分の生まれ土地に宿り、その土地の生物の生死を司っている神様で今生の自分を誕生から死に至るまで守護してくださっている一生の守り神です。また、神さま、仏さま、ご先祖さま、そして自分たちとのパイプ役となって世話してくださる、もっとも身近な親のようなご存在です。

《 産土神社の役割 》
 家族の幸福、結婚、出産、精神的悩み、病気平癒、死後の安心などすべて
 の開運の基本

鎮守神社について

 産土の大神さまとの神縁で、現在住んでいる地域を守護してくださるご存在です。産土の大神が親だとすると、血のつながった親戚にあたるようなご存在です。住んでいる自宅や、周辺のこと、生活全般に関わることを後押ししてくださいます。

《 鎮守神社の役割 》
 家族の守護、学業アップ、商売繁盛、仕事での人間関係改善


  その他、職場の鎮守神社、学校の鎮守神社、病院の鎮守神社などもありま
  す。

 
※基本は、産土神社、鎮守神社になります。
 大切なオンリーワンの ”産土神社” ”鎮守神社” をお知りになりたい方
 はリサーチいたします。



バナースペース