本文へスキップ

開運する神社リサーチ大平崇晴

吉方位・ワンポイントアドバイス等

吉方位アドバイスについて

引越したいけど・・・旅行したいけど・・・「この方位でいいだろうか?」
「最も良い時期は?」と迷うことがあると思います。

引越(旅行)に、良い方位、時期をお知らせします。

一回の相談につき              3,000円
方位入り地図作成(自宅・会社を中心にして) 6,000円

ワンポイントアドバイスについて

生活されていると「この判断でいいだろうか?」「別の選択をした方がいいのでは?」と迷うことが多いと思います。

「この仕事で大丈夫か?」 「この会社に就職してよいか?」 「この学校に入学してよいか?」
「この病院に入院してよいか?」 「結婚したいけど、この相手でよいか?」
「引越したいがこの物件は大丈夫か?」 「神棚(仏壇・お墓)の祭祀は、これでよいか?」 「車のナンバーは?」「電話番号は?」等々・・・

など、良し悪しをお知りになりたい方にお勧めです。
但し、選択支は2つまでとし、3つ以上の場合は料金が変りますので、個別にお問い合わせください。

なお、最終判断をされるのは、ご依頼者様です。

一回の相談につき 3,000円

神社参拝ワークショップ(一緒に参拝しましょう)

○神社リサーチを受けたものの、
 どうように参拝すれば神さまに祈りが通じるのか? 
  ・神さまに喜ばれる参拝の作法 
  ・効果的なお参りのコツ
  ・おみくじでメッセージをいただく方法
   などお知りになりたい方は、ご一緒に神社に参拝させて頂きます。

  5名さまから(7,000円 × 5名)開催  35,000円/回 
                       交通費込み



 ○産土神社、鎮守神社に同行します。
  15,000円/回 交通費込み  対象地域:東京近郊


鬼門鎮護の神社仏閣結界法について

自宅の鬼門、裏鬼門に神仏の結界(霊的バリア)を張っていた
だき、神仏の大いなる守護を仰ぎます。

戦国時代の武将徳川家康は、江戸に幕府を開くにあたり、最高顧問の天海僧正の進言よって、江戸城の鬼門(東北)方位に神田神社、裏鬼門(南西)方位に日枝神社を配置しました。

そして京都の鬼門に比叡山延暦寺があるように、江戸でも鬼門に東叡山寛永寺、裏鬼門に三縁山増上寺(徳川将軍家の菩提寺)を建立しました。
また目黒不動、目青不動、目白不動、目赤不動、目黄不動を江戸城を囲むように配置しました。

このように何重もの神仏の結界(霊的バリア)を張ることによって、江戸時代は260年ものあいだ戦争のない平和な時代が続きました。
西欧で2世紀以上戦争の無かった時代はなく、平和な時代を築いた江戸時代は世界的に高く評価されています。

鬼門鎮護の神社仏閣結界法は、
この方法を応用して、自宅の鬼門(東北)と裏鬼門(南西)に鎮座する神社仏閣に、守護をお願いする方法です。


鬼門鎮護の神社と寺院、裏鬼門鎮護の神社と寺院、

合わせて4社寺で
(4,000円 × 4 = 16,000円)のところ

      お値引きして、合計、15,000円でお受けいたします。


ご興味のある方は、気軽にお問い合わせください。




※お申込みに必要な情報について

1.お名前(よみがな)

2.生年月日

3.現住所&連絡先(メールアドレス、電話、携帯番号)

4.ご相談内容

5.お振込先・・・三井住友銀行、ゆうちょ銀行よりご指定ください。
         折り返し、振込口座をお知らせいたします。

【申込資格】産土神社・鎮守神社をご承知の方。
      不明な場合は、まず神社リサーチをお申し込みください。


お申込みをご希望の方は、mzh@mizuhodo.com までご連絡ください。

バナースペース