本文へスキップ

開運する神社リサーチ大平崇晴

吉方位・ワンポイントアドバイス等

吉方位アドバイスについて

引越したいけど・・・旅行したいけど・・・「この方位でいいだろうか?」
「最も良い時期は?」と迷うことがあると思います。

引越(旅行)に、良い方位、時期をお知らせします。

一回の相談につき              3,000円
方位入り地図作成(自宅・会社を中心にして) 6,000円

ワンポイントアドバイスについて

生活されていると「この判断でいいだろうか?」「別の選択をした方がいいのでは?」と迷うことが多いと思います。

「この仕事で大丈夫か?」 「この会社に就職してよいか?」 「この学校に入学してよいか?」
「この病院に入院してよいか?」 「結婚したいけど、この相手でよいか?」
「引越したいがこの物件は大丈夫か?」 「神棚(仏壇・お墓)の祭祀は、これでよいか?」 「車のナンバーは?」「電話番号は?」等々・・・

など、良し悪しをお知りになりたい方にお勧めです。
但し、選択支は2つまでとし、3つ以上の場合は料金が変りますので、個別にお問い合わせください。

なお、最終判断をされるのは、ご依頼者様です。

一回の相談につき 3,000円


改名(開運の名前)について

 開運するための名前のご相談に応じます。開運のための「セカンドネーム」として、現在の姓名を補う形での開名(改名)になります。(戸籍を変える必要はありません)

 姓名には神仏が守りやすい名前と守りにくい名前があります。名前は本人の持って生まれた宿命運命と関わっています。名前はその人を表すものであり、その人の行動や運勢に影響を与えています。

 運命学的開運法の中でもっとも効果があるのが改名です。なぜ効果が高いかと言うと、いつも使うものだからです。
名前は神仏の加護と関係していて、良い名前は神仏の加護を受けやすく、悪い名前は加護したくても難しいのです。神仏は守ってあげたいのに、悪い名前のために守護できないのがとても悲しいのです。
開運バイオリズム
 セカンドネーム、ペンネームとしてでもいいから、良い名前にした方が運命は好転します。開名しますと、人生の歯車がかみ合い、努力した分、結果が出やすくなります。無用な苦労を減らすので、人生に手ごたえが出てきます。

 改名や命名の時に大切なのは天命を歩むために最適な名前として作ることです。姓名そのものが言霊であり気を発する生き物です。よって姓名は画数だけでなく響きも大切になります。


開名依頼

 ご自身で開名候補を考えられない場合にご利用ください。

 お名前・三候補を提示いたしますので、その中からご自身で選択願います
。ご自身で選べるので、「他人に名前を付けられた」というよりは「自分で
選んだ」感があり、ご満足いただけると思います。

 お一人様につき 40,000円  
         (お申し込み後、1ヶ月ほどお待ちいただきます)


命名チェック(会社名・商品名・人名など)

 ご自身で「名前をいろいろと考えた結果、この名前でよいか?」と悩まれ
ることもあると思いますので、その候補1つ1つにつき、個別にチェックい
たします。

 一候補につき 3,000円 (20,000円を上限)
        (お申し込み後、3~5日ほどお待ちいただきます)


神社参拝ワークショップ(一緒に参拝しましょう)

○神社リサーチを受けたものの、
 どうように参拝すれば神さまに祈りが通じるのか? 
  ・神さまに喜ばれる参拝の作法 
  ・効果的なお参りのコツ
  ・おみくじでメッセージをいただく方法
   などお知りになりたい方は、ご一緒に神社に参拝させて頂きます。

  7名さまから(5,000円 × 7名)開催  35,000円/回 
                       交通費込み



鬼門鎮護の神社仏閣結界法について

自宅の鬼門、裏鬼門に神仏の結界(霊的バリア)を張っていた
だき、神仏の大いなる守護を仰ぎます。

戦国時代の武将徳川家康は、江戸に幕府を開くにあたり、最高顧問の天海僧正の進言よって、江戸城の鬼門(東北)方位に神田神社、裏鬼門(南西)方位に日枝神社を配置しました。

そして京都の鬼門に比叡山延暦寺があるように、江戸でも鬼門に東叡山寛永寺、裏鬼門に三縁山増上寺(徳川将軍家の菩提寺)を建立しました。
また目黒不動、目青不動、目白不動、目赤不動、目黄不動を江戸城を囲むように配置しました。

このように何重もの神仏の結界(霊的バリア)を張ることによって、江戸時代は260年ものあいだ戦争のない平和な時代が続きました。
西欧で2世紀以上戦争の無かった時代はなく、平和な時代を築いた江戸時代は世界的に高く評価されています。

鬼門鎮護の神社仏閣結界法は、
この方法を応用して、自宅の鬼門(東北)と裏鬼門(南西)に鎮座する神社仏閣に、守護をお願いする方法です。


鬼門鎮護の神社と寺院、裏鬼門鎮護の神社と寺院、

合わせて4社寺で
(4,000円 × 4 = 16,000円)のところ

      お値引きして、合計、15,000円でお受けいたします。


ご興味のある方は、気軽にお問い合わせください。




※お申込みに必要な情報について

1.お名前(よみがな)

2.生年月日

3.現住所&連絡先(メールアドレス、電話、携帯番号)

4.ご相談内容

5.お振込先・・・三井住友銀行、ゆうちょ銀行よりご指定ください。
         折り返し、振込口座をお知らせいたします。

【申込資格】産土神社・鎮守神社をご承知の方。
      不明な場合は、まず神社リサーチをお申し込みください。


お申込みをご希望の方は、mzh@mizuhodo.com までご連絡ください。

バナースペース