本文へスキップ

開運する神社リサーチ大平崇晴

開運し福を招く



  神社仏閣にお参りする際


   〇 どこの神社にお参りすれば良いの?

   〇 自分の願い事にピタッリなのはどこ?
    
(良縁祈願、商売繁盛、病気平癒・・・)


   〇 お参りの仕方って、これで合っているの?

      と思われることってありませんか?

  
ご自分に最もご縁のある神さまがいらっしゃる
  オンリーワンの神社があるのです。


   ⇒詳しくはこちらをクリック


 人間は、大地に産まれ、大地に生き、大地に還ります。その産まれ故郷の大地に宿る神さま、自分のもっともご縁のある神さまとつながって「うぶすな」という ”開運のツボ” 押さえませんか。

 「うぶすな」は、人と人との縁をもって開運する世界ですから、普段から「うぶすな」の存在と仲良くしていることが、良い人と出会うコツにもなります。このように縁の世界で”上の縁”になってきた時に人生が開運してゆきます。


 
「運も実力のうち」と言います。実際、実力は同じくらいなのに、成功する人と失敗する人がいます。人生には成功か、失敗か、どちらに転んでもおかしくない状況があります。そんな時に、後ろから良い方向に ”ポン” と押してくださる存在がいます。これを総称して ”おかげ様” といいます。
 事故なども ”紙一重” で助かる人もいるかと思えば、逆に巻き込まれる人もいます。これらの状況で ”神一重” で何とかなる
人間になるためには、大いなる守護が必要です。そういう”おかげ様” を、しっかりと自分の味方につけることが、運のいい人になる秘訣になります。

 幸福の青い鳥は自分の産まれたところ、自分のルーツにいます。私たち一人ひとりを最も守護している”ふるさとの神社” を産土神社(うぶすなじんじゃ)といいます。産土の”うぶ”とは、産湯や産声の”うぶ”です。そして、産土の大神とは「自分が産まれた故郷の大地に宿り、守護する一生の守り神」です。「うぶすな」の世界は自分のルーツであり「たましいのふるさと」です。これが人生に安心をもたらします。

 当方の開運法は、自分の見えざる大いなるサポーターをたくさん増やし、活用する方法です。豊かになるには自分を助けてくれる多くのサポーターが必要です。自分のルーツの縁を大切にすると、「うぶすな」によって、人生全般が底上げされてきます。
私はホームページをご覧の縁のある皆さまに、自然を愛し、豊かで幸福な生活を送っていただくための開運法を紹介して行きたいと思います。




※当方は、特定の宗教とは一切関係ありません。

バナースペース



大 平 崇 晴

〒227-0044
神奈川県横浜市青葉区もえぎ野
14-83

Mail. mzh@mizuhodo.com
TEL. 045-971-2839